暮里独楽のぐ~たら日記@Fujimi City

ださいたま県富士見市在住の、いろいろともうダメなおっさん、暮里独楽の日々を、徒然なるままに記すブログみたいですよ?

風強し、時々低血糖。

はい、今日は作業所の通所日でした。
作業内容は、自分の予定は午前中は袋詰、午後はほうれん草の収穫というものでした。

午前、ちゃっちゃかとじゃがいも、玉ねぎ、泥人参と順調にやっつけて、よし軽トラに荷物を積むぞと言う段になって、

低血糖を起こしました。

いやぁ、作業所で低血糖起こすのは久しぶりです。
芯から身体が冷える感覚と冷や汗がにじむ。少しその場に座り込み回復を待つものの、どうにも回復する兆しがないので、作業所にストックしているブドウ糖を使用しました。
およそ4分ほどで、ほどなく低血糖は回復しましたが、体力を消耗してややぐったり感。
すぐに昼休みになり昼食を摂れたので、それほどは作業に影響は出ませんでしたけど、やっぱり低血糖は怖いね。

で、午後。
ほうれん草の収穫のため、農場へ移動。車から降りた途端に吹き抜ける冷たーい強風!
寒いだろうなとは予想出来ていたので、ジャンパーを羽織ってはいましたが、それでも非常に寒かったです。

あまりの寒さにみんな(私も含め)音を上げてしまって、どうにもこうにも。っつーか、体調を崩し倒れる方も出る始末だったので急遽引き返すことに。
それまで収穫したほうれん草を持って、室内で選別することになりました。
選別は、売りに出せない葉(大きく傷ついている葉、変色した葉、病気の葉等)を手折って捨てるだけの簡単な作業です。

……売れる部分のほうが少なくて、葉を手折ると同時に心も折れる作業でしたけど(苦笑)。

その次に、選別したほうれん草を袋詰する作業もやりました。計量(205~220g)して根を揃え、紙にくるんでビニール袋に入れ、紙だけを抜くのです。
紙を使わずそのまま袋に入れようとすると、葉が袋に張り付いて、上手く入らないのです。
袋詰したほうれん草は、明日の販売会で特売です。私は明日は通所日ではないので、いませんけどね(苦笑)。

それじゃ、ま、そんなこんなで(´・ω・`)ノシ